analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020
左から 多聞天、持国天、増長天、広目天(文化庁保管 木造四天王立像)

木造彫刻修理
東大寺(南大門)仁王像のように8mを超える大きなものから、
手のひらサイズのものまで仏像を修理

(公財)美術院

昭和51年認定
〒600-8146 京都府京都市下京区七条通高倉東入ル材木町476-1

百年を超える文化財修理の歴史があり国宝や重要文化財の仏像などの保存修理や技術研究修理技術者の育成を行っています。さまざまな損傷状況に応じてもっとも適切な材料方法を用いて修理を行います。また修理時にしかできない各種の調査や模造製作を通し各時代の仏像の製作技法等を研究し修理技術の研鑽を行っています。

解体
〔解体〕 部材の接合が緩む箇所を⼀旦解体し接合⾯を整えて接合し直す製作年代により異なる構造の熟知が必要となる⽂化庁保管 ⽊造四天王⽴像)
補⾜
〔補⾜〕 ⾜ほぞの欠失部の補⾜。現状維持修理を基本とし、補⾜は必要最⼩限にとどめる(⽂化庁保管 ⽊造四天王⽴像)
剥落⽌め
〔剥落⽌め〕 表⾯の彩⾊や漆箔が浮き上がる場合は、状況に適した材料・⽅法で剥落⽌めを⾏う(⽂化庁保管 ⽊造四天王⽴像)
調査
〔調査〕 必要かつ可能な場合はファイバースコープやX線撮影により構造や納⼊品・銘⽂の有無を調査する(⽂化庁保管 ⽊造四天王⽴像)
解体
〔解体〕(文化庁保管 木造二天王立像)
解体
〔解体〕 像内納入品(文化庁保管 木造釈迦如来立像)