analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020
伝統建築工匠の技

装潢修理技術
絵画や書跡などを最適な材料と方法で修理する技術

(一社)国宝修理装潢師連盟

平成7年認定
〒604-8187 京都府京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町445番地 日宝鳥丸ビル2F12号

掛軸や襖屏風冊子等に仕立てられる絵画や書跡等の文化財は多くが紙や絹などとても弱い材料でできています。数百年もの時を越え貴重な文化財が今も姿を残しているのは人々が大切に扱ってきたということだけでなく適切な時期に定期的な修理が行われてきたからともいえます。装潢修理技術とはこれらの修理を行う技術のことを指しています。今修理が完了した文化財もやがて修理が必要となる日が訪れます。その日まで安全に確実に文化財を繋ぐ修理をすることそして来るべき次の修理のときに仕事を担ってくれる装潢師を育て続けること。それが私たちの大切な使命です。

修理した文化財の例:重要文化財 松鷹図
[修理した文化財の例:重要文化財 二条城二之丸御殿障壁画 大広間四の間 南面 襖 紙本金地著色 松鷹図(京都市所蔵)
修理した文化財の例:重要文化財 東福寺11
[修理した文化財の例:重要文化財 絹本著色 五百羅漢図伝明兆筆 附 絹本著色五百羅漢図 狩野孝信筆 のうち東福寺11(東福寺所蔵)
修理した文化財の例:重要文化財 開拓使文書
[修理した文化財の例:重要文化財 開拓使文書(北海道立文書館所蔵)
建物から壁貼付(障壁画)を取り外す作業
[建物から壁貼付(障壁画)を取り外す作業(京都市 二条城二之丸御殿)
下地からの取り外し作業
[下地からの取り外し作業(京都市 二条城二之丸御殿)
裏打紙の除去作業
[裏打紙の除去作業(京都市 二条城二之丸御殿)
襖の下貼り作業
[襖の下貼り作業(京都市 二条城二之丸御殿)