analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020

植物染料(紅紫根)生産製造
“染料として重宝された植物” の成分を使用し、
染め分けてきた先人の技を今に活かす

(一財)日本民族工芸技術保存協会

昭和54年認定
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2丸の内二重橋ビル6階

紫根は古くから日本の代表的な植物染料の一つとして伝統工芸品装束等の染色に欠くことのできないものです。紅花はエジプト小アジア地方原産で古く中国を経て日本に伝来しました。紫草は万葉集にも出てくる植物でその根から美しい紫色の染料を作ることができます。天然の植物染料はその良さが見直され注目されています。

紅花畑と花摘みの様子
[紅花畑と花摘みの様子]
花寝せ
[紅花(花びら)を水洗いした後の“花寝せ”(手前から一日目二日目三日目
紅餅づくりの様子
[紅餅づくりの様子(花寝せの後粘り気の出た花びらを団子状に丸め更に煎餅状に整形)
天日で乾燥させ、紅餅として完成
[天日で乾燥させ紅餅として完成]
播種後、生え揃った紫草を観察する様子
[播種後生え揃った紫草を観察する様子]
草丈65cmほどに成長した紫草
[草丈65cmほどに成長した紫草]
紫根を掘り起こす様子
[秋になり紫根を掘り起こす様子]
紫草染めの様子
[紫草染めの様子]