analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020
伝統建築工匠の技
石清水八幡宮楼門

建造物装飾
あらゆる調査と地道な研究により、 歴史的建造物の美を後世に伝える “装飾の技”

(一社)社寺建造物美術保存技術協会

平成19年認定
〒601-80042 京都府京都市南区東九条東山王町27 旧山王小学校内

神社や寺院などの建物に施されている装飾には「漆塗り」「彩色」「丹塗」「金具」などの技法が用いられいずれも1400年以上の歴史ある日本の美を支える伝統技術です。伝統的な建物の装飾には私たち日本人の先祖の営みと綿々と受け継がれている美意識を見ることができます。

漆上塗り工程
[漆上塗り工程(車折神社)
外部彩色施工の様子
[外部彩色施工の様子(重文清水寺三重塔)
彩色剥落止め
[彩色剥落止め国宝歓喜院聖天堂)
単色塗施工
[単色塗施工(車折神社)
錺金具製作
[錺金具製作(阿佐ヶ谷神明宮)
鋳造擬宝珠
鋳造擬宝珠内外型製作(車折神社)