analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020
伝統建築工匠の技

檜皮葺杮葺茅葺檜皮採取屋根板製作
我が国の伝統的な景観を形成する植物性屋根を守り伝える

(公社)全国社寺等屋根工事技術保存会

昭和51年認定檜皮葺柿葺
昭和55年認定茅葺
平成30年認定檜皮採取 屋根板製作
〒605-0862 京都府京都市東山区清水2丁目205-5文化財建造物保存技術研修センター内

檜の立木からむいた樹皮で屋根を葺く檜皮葺椹や杉の木材を手で薄く割った板を使う柿葺ススキやヨシなどの茅を使う茅葺は古くから我が国の建物を風雨から守ってきた植物性の屋根です。これらの屋根は定期的に葺き替えが必要となるため屋根を葺く技術に加え材料を採取し拵える技術も重要となります。

檜⽪採取
[檜⽪採取(ぶり縄を使って登りへらをつかって剥きあげる
杮板整形(みかん割り分割)
[杮板整形(みかん割り分割)
板へぎ(厚み1分)
[板へぎ(厚み1分)
檜⽪葺(平葺)
[檜⽪葺(平葺)
杮葺(平葺)
[杮葺(平葺)
茅葺
[茅葺(⼤バサミによる刈込み)