analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020
伝統建築工匠の技

畳製作
文化財建造物の畳の高麗縁の隣合った模様を伸縮させながら縫い合わせる高度な“畳製作の技術”

文化財畳保存会

平成20年認定
〒604-0801 京都府京都市中京区丸太町通堺町西入る鍵屋町66佐竹商店内

畳は世界に類を見ない日本固有の文化です。畳は稲藁を積み重ね縫い締めた畳床に「い草」を編んだ畳表を張り木綿などの天然繊維の畳縁を両側に縫い付けて製作します。また畳は多様な規模や形状の部屋に合わせて畳を加工し「高麗(こうらい)縁」や「繧繝(うんげん)縁」などといった装飾的な「紋縁」を使用しその縁を縫い付ける場合には隣接するまたは直交する紋縁の文様を互いに合わせる「紋合わせ」が重要です。その一連の工程には高度な熟練を要します。

畳縁縫い付け作業
[畳縁縫い付け作業]
現場での仕上げ調整作業
[現場での仕上げ調整作業]
畳表縫い付け作業
[畳表縫い付け作業]
⾼麗縁
[⾼麗縁(左より⼤紋中紋⼩紋)