analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020

玉鋼製造
鉄芸術品の最高峰に位置付けられる日本刀。
“日本古来の製鉄技術で製造” されたその素材は玉鋼と呼ばれる

(公財)日本美術刀剣保存協会

昭和52年認定
〒130-0015 東京都墨田区横網 1-12-9刀剣博物館内

日本刀の製作には玉鋼が不可欠です。江戸時代以来の製鉄法(たたら吹き製鋼法)によりつくられる刃物に最も適する純度の高い鋼が玉鋼です。たたら吹きの操業は開始から3昼夜約70時間かかります。島根県奥出雲町の日刀保たたらで年に数回操業をしその技術を継承しています。

火入式風景
[火入式風景:たたら製鉄は神事であり操業中の安全を祈願する]
木原村下の指導
[木原村下の指導:村下は次世代指導も重要な仕事]
渡部村下の指導
[渡部村下の指導:村下は大所高所からの指導が義務]
順調な操業
[順調な操業:炉内反応も良好でノロ(鉄滓)の出方も良好]
溶岩のようなノロ
[溶岩のようなノロ:炉内反応は順調でノロが大量に排出される]
釜壊し
[釜壊し:人力でのみ釜を壊す。七人がかり]
炉床保護
[炉床保護:炉床は生命線のため来年に向けてドームを被せ保護する]
たたら炭
[たたら炭:操業で使用する木炭(高温を得るため中を生木のまま焼く)