analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020

伝統建築工匠の技とは

土などの自然素材を建築空間に生かす知恵周期的な保存修理を見据えた材料の採取や再利用のしくみ健全な建築当初の部材とやむを得ず取り替える部材との調和や一体化を実現する技これらを含む建築修理の技術です。

これらの技術は日本の木造建築遺産とともに古代から途絶えることなく伝統を受け継ぎながら工夫を重ねて発展してきました。法隆寺をはじめとする歴史的建造物の保存修理には欠かせない技術ですが現代の建築物では用いられることが少なくなっています。

伝統建築工匠の技木工屋根葺左官装飾畳など17の伝統的建築技術(文化財保存技術)で構成されています。これらの技術は文化財建造物の保存とともに持続可能なストック型社会の実現に大きく貢献することができる木造建造物を受け継ぐための伝統技術です。

伝統建築工匠の技の一覧

(国の選定保存技術に選定されています。)
選定保存技術 保存団体
建造物修理 (公財文化財建造物保存技術協会
建造物木工
a 1 (一社日本伝統建築技術保存会
檜皮葺・杮葺(ひわだぶき・こけらぶき) (公社全国社寺等屋根工事技術保存会
茅葺(かやぶき)
檜皮(ひわだ)採取
屋根板製作
(かや)採取 (一社日本茅葺き文化協会
建造物装飾 (一社社寺建造物美術保存技術協会
建造物彩色(さいしき) (公財日光社寺文化財保存会
建造物漆塗
屋根瓦葺(本瓦葺) (一社日本伝統瓦技術保存会
左官(日本壁) 全国文化財壁技術保存会
建具製作 (一財全国伝統建具技術保存会
畳製作 文化財畳保存会
装潢(そうこう)修理技術 (一社国宝修理装潢師連盟
日本産漆生産・精製 日本文化財漆協会
日本うるし搔き技術保存会
縁付金箔(えんつけきんぱく)製造 金沢金箔伝統技術保存会
★2020年11月17日、ユネスコの評価機関より「伝統建築工匠の技」をユネスコ無形文化遺産に登録するとの勧告がありました。この勧告により、12月17日に開催された政府間委員会で登録が最終決定されました。
伝統建築工匠の会

ユネスコ無形文化遺産に登録された「伝統建築工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」の統括団体です「伝統建築工匠の技」を構成する国選定保存技術の認定保存団体を正会員とし「伝統建築工匠の技」の一体的な保存活用及び発展を図るとともに国内外への発信を行っています。