analyticsstylesheetstylesheet
読み込み中

文化庁ホームページ

MENU
日本博
beyond2020

手漉和紙用具製作
精密な用具を作り続ける職人の技が手漉和紙を支える

全国手漉和紙用具製作技術保存会

昭和51年認定
〒781-2128 高知県吾川郡いの町波川287ー4高知県手すき和紙協同組合内

和紙は美しさ耐久性強靱性をもち文化財の修復にも欠かせないものです。また天然素材の地球環境に優しい製品でもあり世界中からの注目も高まっています。和紙を作るには精密で強靱な道具がなくてはなりません。和紙の用具を作る技術が大切な日本の手漉和紙を支えているのです。

極細のたけひごで漉き簀を編む
[極細のたけひごで漉き簀を編む]
竹ひご3,000本の束
[竹ひご3,000本の束]
紙漉き用具で貴重な和紙を漉く
[紙漉き用具で貴重な和紙を漉く]